FC2ブログ

前置詞プラス定冠詞 5

こちらは20度前後でやや気温上昇中。春の花の蕾がふくらんでもう咲きかけている花もあるし、段々と彩りがよくなってきました。るるるるん。

では今日は注意事項をいくつか…。

まず、同じ単語でも、その単語に関して修飾がある時とない時では前置詞/定冠詞の使い方が異なるそうです。

例えば普通、

Abito in centro.

でオーケーですが、チェントロについての修飾/形容がつくと

Abito nel centro di Pisa.

というふうに変わってきます。

ですから

Torno a casa.



Torno alla vecchia casa.

となります。

そういえば家族の名称を勉強した時、似たような現象がありましたね。あ、これこれ。

***

「家族」が単数形で、形容詞がついていない場合はil, laなどをつけなくてよい。
mamma, papa, fratellinoなどくだけた形の場合はつける。

例 mia sorella
la mia sorella cattiva
il mio fratellino
il mio papa

***

が!!

誰々の家、という時はaはそのままで変えなくていいそうです。

Torno a casa mia.

それと前置詞でもperは通常perのままで定冠詞とくっつくことは稀、 conはそのままでも組み合わせてもどちらでもいいのだそうです。conは l'とくっついて coll'に、 ilとくっついて colになります。

Cecilia viene coll'avvocato di Paolo. (セシリアはパオロの弁護士と来る。)
又は
Cecilia viene con l'avvocato di Paolo.
(どちらでもオーケー)

Andrea parla col direttore. (アンドレアは指揮者と話す。)
又は
Andrea parla con il direttore.

以上、おぼえておいて下さいませ~。

FC2のランキングです Clicca qui! ここをクリックして応援してね!
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログへ

にほんブログ村 クラシックブログへ


アンドレアの歌の歌詞をお探しの方は、リンクに歌詞サイトが入っています。(英語サイト)










2 Comments

Setsuko  

こちらの気温はPisaと同じ位で、日中は30度を越える日もあります。梅雨明けと共にこれから暑い夏がやって来ますが、暑さのせいにして勉強が覚えられない等と言わないようにしたいと思います。でも、組み合わせは複雑ですね。

2006/07/30 (Sun) 22:55 | REPLY |   

-  

ヨーロッパは今年も酷暑のようですね。アンドレアは故郷でのコンサートが終わって一息ついているでしょうか。

2006/07/31 (Mon) 21:18 | REPLY |   

Post a comment