FC2ブログ

ボチェッリ・ワイン 情報その3

ラヤティコまで行くならともかく、海外ではなかなか入手しにくかったボチェッリ・ワインですが、今度アメリカで大々的にデビューするとのことです(記事)。お値段も約20ドル(1600円)とはお手頃。しかしアンドレアのお家ってもう130年もワイン造りを手がけているんですね~。これは知りませんでした。おいしいわけです

復興のためのクリック募金

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村 クラシックブログへ

3 Comments

Setsuko  

アンドレアの曾おじいちゃんの代から130年も続くワインの老舗だったんですね。知りませんでした。
今度アメリカで大々的に売り出すそうですが、これからは今迄より葡萄の収穫時期も大忙しになりそうなので、人手不足の時にはお知らせ下さい。アルバイト代等と言いません。アンドレアの歌で結構ですから、お手伝い立候補に名乗りをあげておきます。

2012/05/06 (Sun) 21:33 | EDIT | REPLY |   

Mi-chan  

代々ワイン造りの家なんて、素敵ですね~!前にPrimaさんから、アンドレアはイベントの前は禁酒すると伺いましたが、きっとワインの味は知り尽くしているのでしょうね。
もし日本でお店にBocelliワインが並んでいたとしたら、あのラベルはきっと一瞬で見分けられると思います。
次の瞬間、手にすると思います。アルコール飲めませんが、買います。

2012/05/07 (Mon) 20:07 | REPLY |   

primavera  

ほんとにあんなちっちゃなお店で大丈夫なのでしょうかね?アメリカだけでもないような話ですし…。やはり葡萄係の募集があるかもですね(笑)。アンドレアはきっとコンサートのない時だけ、じっくりワインを楽しむのでしょう。冬は暖炉の前で赤、夏は海辺で白、でしょうか??是非お酌してあげたい!(笑)

2012/05/10 (Thu) 22:27 | EDIT | REPLY |   

Post a comment