FC2ブログ

補語人称代名詞 直接と間接の見分け方?

最近、大昔のイタリア語の講義ノートを引っ張りだして使ってます。正直に申しますと、今このブログでやっているようなことは実はすべて大昔にカバーし、勉強し、テストされたことなんですよね。でも私の脳みそにはそのかけらも見当たりません。すべて今やって「ははー、そうなの。難しーっ!」ってまるで初めてのことのように感心しているのです。言語ってこんなにきれいさっぱり忘れるものなんでしょうか。やっぱりトシってこわい。(泣)

さて今日は直接と間接の見分けを練習したく思います。特にイタリア語で間接目的語をとり、日本語でも「何々に」がつけられる動詞は何でしょう?

scrivere ~に(○○を)書く
mandare ~に(○○を)送る
dare ~に(○○を)あげる/与える
mostrare ~に(○○を)見せる
dire ~に(○○を)言う
insegnare ~に(○○を)教える
chiedere ~に(○○を)聞く、頼む
domandare ~に(○○を)聞く、頼む
rispondere ~に返事する

勿論まだまだありますが、上記はもし「彼に」なら"to him" にあたる"gli" 、「彼女に」なら"to her" にあたる"le"を使うことになるわけですね。

では直接目的語をとるイタリア動詞で、日本語で「○○を」になるのは、というと…

ascoltare (○○を)聴く
guardare (○○を)見る
cercare (○○を)探す
aspettare (○○を)待つ
capire (○○を)理解する
conoscere (○○を)知る
aiutare (○○を)助ける

等々です。この場合、「彼を」なら"him"にあたる "lo"を、「彼女を」なら "her"にあたる "la"を使えばいいんですね。

まあ、このへんから始めないと沢山あり過ぎるから手のつけようがないような絶望感に襲われてしまいます。なんとか母国語と関連づけて少しずつ覚えるしかありませんね。トホホ…

FC2のランキングです Clicca qui! ここをクリックして応援してね!
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログへ

にほんブログ村 クラシックブログへ


アンドレアの歌の歌詞をお探しの方は、リンクに歌詞サイトが入っています。(英語サイト)







4 Comments

Setsuko  

とっても比較しやすいです。まず、こういうのをしっかり覚える事が大切なんでしょうね。
私も同じで”こわいもの”を持っています。本当にこわ~いです。ま、仕方のない事なので気分だけはイタリア語を勉強している女学生(?)、今が青春という事にしておきましょう。そんな訳で知らない事ばかりなので、よろしくお願いします。

2006/06/22 (Thu) 23:44 | REPLY |   

-  

人は皆、学校時代は勉強が嫌いで大人になると学習意欲に燃えるという厄介な習癖(?)をもっているようです。大人になると勉強する時間、あんまりないんですがね~。
ps 明日は一日出かけるので書けないと思います。でも自習の材料は嫌というほどありますよね。(笑)

2006/06/23 (Fri) 21:34 | REPLY |   

Setsuko  

はい!自習しなくてはならない事が、一日ではとても足りないほど沢山あります。どうか無理しないで下さいね。

2006/06/23 (Fri) 22:17 | REPLY |   

primavera  

無理はしておりません。遊んでおりました(笑)。友人宅でパーティーがあったもので。

2006/06/25 (Sun) 15:47 | REPLY |   

Post a comment