FC2ブログ

イタリア遺聞

イタリア遺聞 イタリア遺聞
塩野 七生 (1994/03)
新潮社
この商品の詳細を見る


またもや「なんとなく難しそー」と放っておいた本を発見。ここ数日読んでおります。塩野七生さんといえばイタリア関連の本を何冊も出版していらっしゃる方のようですが、これは1982年発行のけっこう古い本でした。(父に貰ったように記憶しております。)ヴェネツィアの表紙が素敵ですよね。(細かいのでどアップにしました。)中も先日の「聖アントニオの舌」よりはちょっと固い感じで「気軽に読める」とは言いがたいですが、そんなに難しいこともありませんでした。(全く読まず嫌いが多い私…)ゴンドラはなぜ黒いのか、とか活字の「イタリック体」がどうやって出来たのか、とかヴェネツィアの商人たちはどうやって外国語をマスターしていたのか、等面白い話が色々あります。やはり歴史を知らずして国を語ることは出来ないようですね。

FC2のランキングです Clicca qui! ここをクリックして応援してね!
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村 外国語ブログへ

にほんブログ村 クラシックブログへ


アンドレアの歌の歌詞をお探しの方は、リンクに歌詞サイトが入っています。(英語サイト)

2 Comments

Setsuko  

素敵ですね、お父上に頂いた本だなんて!やはりprimaさんの頭脳明晰は、素晴らしい家庭環境にあったんですね。「読書は素晴らしい趣味」だとアンドレアが言っていました。確かにゴンドラはなぜ黒いのか不思議です。そうそう、ゴンドリエレになるにはその為の学校でしっかりと勉強をするらしいです。言葉も数カ国語をマスターしないと卒業出来ないと、ゴンドリエレが言ってました。

2006/06/03 (Sat) 23:56 | REPLY |   

-  

いえいえ、うちの父はけっこう固めの本が好きなようで、もっと低俗な(?)ものを好む私としてはいつも本を貰うと「あーあ、またむずかしそ。」とろくに見ないで決めつけてしまうんですよね。(笑)そういえばアンドレアも巨匠による名著が好きなようですね。(つ、ついていけない…)ゴンドリエレは皆マルチリンガルなんですか。知りませんでした。

2006/06/04 (Sun) 19:01 | REPLY |   

Post a comment