FC2ブログ

シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ

シモネッタのデカメロン―イタリア的恋愛のススメ (文春文庫)シモネッタのデカメロン―イタリア的恋愛のススメ (文春文庫)
(2008/02/08)
田丸 公美子

商品詳細を見る


今日は一日中確定申告の準備に悩まされ(一年で一番嫌な仕事!)、夕食後も頑張るつもりだったのがもう限界で、この本に避難してしまいました。以前ご紹介した「パーネ・アモーレ」の著者、そしてなんといってもアンドレアが来日した時に通訳を担当したあの田丸公美子さんがイタリアでの「愛」に焦点を当て、「����」と驚く実話の数々を紹介してくださいます。女性を見たらまるでマナーであるかのように誰でも口説くというイタリア男たち…まさかアンドレアもそんな習性があるの??いえ、やっぱり考えられません。アンドレアは例外なんでしょう。でも嘘でもいいからイタリア行ったらもててみたいプリマです�G���������͂��Ă�������

ps 「シモネッタ」ってジョークで作った名前だと思ってたらこの間イタリアニュースで"Simonetta"さんという人がインタビューされており、「あっ、そうかあ!英語だってSimoneさんっているもんねぇ!」と目から鱗になりました。

アンドレアグッズならここ!プリマベーラのボチェッリ・ショップ

おすすめ本!「沈黙の音楽」アンドレアボチェッリ著の半生記

イタリア語学習書籍がいっぱい!プリマベーラのイタリアン・ショップへはここをクリック!

ランキングに参加しています。 Clicca qui! ここをクリックして応援してね

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村 クラシックブログへ

アンドレアの歌の歌詞をお探しの方は、歌詞サイト(英語)をご覧下さい

5 Comments

Setsuko  

面白いですね、私も作った名前だと思っていました。イタリア男ねー、そういえばこれも口説いてるといえるんでしょうか。今マナーのようにというところを読んでふと思い出したんですが、2年前ローマへオペラ「カルメン」を観に行った時のことですが、夜の外出は危ないという事でイタリア語の先生の友達で、ローマ在住のダビデさんと一緒に行ったんですが、舞台が終わってレストランで食事をしていた時に、これからディスコに行かないかと誘われたんです。私より一回りも若い青年が誘う相手ではないのにと思いました。丁度その時心配して電話を掛けてきてくれた先生に話すと、ちょっと電話を代わってと言って何か言ってくれたんだと思います。「おばさんを誘うんじゃない!」って言われたのかも(笑)。
ダビデさん、あの時はお世話になりました。とても心強かったです。

2010/01/21 (Thu) 22:29 | EDIT | REPLY |   

primavera  

うほほ…Setsukoさんもやっぱり、ですか?先生が保護者(?)としていて下さってよかったですね。全く油断できませんね(笑)

2010/01/22 (Fri) 13:05 | EDIT | REPLY |   

primavera  

すみません、今日もずっと税金のことでコンピューターを一日使っていたので肩がバリバリに凝って来てもう限界です。寝ることにします。m(_ _)m (まだ終わったわけではない…涙)

2010/01/22 (Fri) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Setsuko  

primaさん、お大事に。肩も痛くて辛いでしょうが、きっと目もチカチカしているのではないですか。とにかく身体を休ませてあげてくださいね。

2010/01/22 (Fri) 21:18 | EDIT | REPLY |   

primavera  

ありがとうございます。朝起きたら随分よくなっていました。算数が苦手なのでこの仕事は特に嫌なんです(笑)。今、また仕方なく後半をやっています。

2010/01/23 (Sat) 19:34 | EDIT | REPLY |   

Post a comment